Livedoorブログの始め方

Livedoorブログを開設する主婦アフィリエイトをする人の多くが使っているブログサービスの一つ。
「ライブドアブログ」を始める手順について紹介します。
無料で始めることが出来るので、主婦の方にもおすすめできるブログサービスになっています。
現に、ライブドアブログを使っている主婦の方も非常に多いですし、そうした主婦の方の中にも非常に多くの金額を稼いでいる人もいます。
アフィリエイトを初心者から玄人まで、幅広い人に人気なので安心して使えると思います。

ライブドアブログを始めるためにはユーザー登録を行い、その上で無料ブログサービスを利用するといった手順が必要になります。
ですから、ユーザー登録をせずにライブドアブログを使うことはできません。
ユーザー登録で必要になるのは、メールアドレスだけなのでメールアドレスは確実に準備しておくようにしましょう。
メールアドレスは当然、アフィリエイトを行う場合でも、必要になるので取得は必須です。

ブログ利用までの工程は大きく分けて3つ

・ユーザー登録

・メールでの認証

・ブログ開設

上記の工程は、基本的には他のブログサービスを利用する場合でも大きく変わることはありません。

まずはユーザー登録

ライブドアブログを始めるためのユーザー登録手順は何も難しくはありません。
まずは、ライブドアブログのページに行ってみましょう。

ライブドアブログのページはこちら

ブログ登録手順ライブドアのページに行くと、ページ右上部に図のような「ブログをはじめる」というリンクがあります。
まずはここをクリックしましょう。
クリックするとページが変わります。

矢印

ブログをはじめるボタンの位置ページが変わると、中央左側に
「ブログをはじめる」ボタンがあります。
最初のステップはこれだけです。
2回のクリックでライブドアブログを利用するためのスタートラインに立てます。
非常に簡単なので、ウェブについて詳しくない主婦の方でも簡単ですよね。
始めてアフィリエイトをやりたい。その気持ちをすぐに実現してくれるのも魅力です。

ユーザー登録をしよう

「ブログをはじめる」ボタンをクリックすると、ユーザー登録画面に進みます。
ID入力欄のイメージユーザー登録画面に進むと4つの入力欄が出てきます。
入力するのは

・Livedoor ID

・パスワード

・パスワード(確認)

・メールアドレス

の4項目です。

1つはパスワードの確認用なので、実質は3つですね。
ここで、注意しなければならないのが上図の赤枠で囲っている「Livedoor ID」です。
このIDは、ブログのURLにも入ってくる部分なので、慎重に決めましょう。
当然、自分が好きな言葉をIDにしても問題ありませんが
多くの人に見てもらいたいと考えた場合は、少しでも覚えやすいようなIDにしておくと
役立つかもしれません。
また、IDは固有のものであるため、すでに同じIDが登録されている場合には登録できないようになっています。
いくつかのID候補を考えておくとスムーズに登録ができるでしょう。

登録はまだ完了はもう少し

ユーザー登録画面で必要になる情報を入力したらそれで登録が完了するというワケではありません。
ユーザー登録が完了すると、下のような画面が出てきます。
ユーザー登録完了画面
登録されたメールアドレスにメールを送信しました。
とあるように、登録したメールアドレスにメールが届いていると思います。
届いていない場合、時間をおいてみたり、迷惑メールフォルダを確認してみましょう。また、メールの受信設定などによって
許可したアドレス以外からのメールを拒否している場合には、届かないので注意が必要です。

そして、届いたメールを開くと
ユーザー登録用のメール
上図のように登録した、Livedoor ID様と名前があり、登録用のURLのリンクがあります。
URLをクリックして、登録が完了になります。
URLがクリックできないような場合には、URLをコピーしてウェブブラウザのアドレスバーにペーストしてアクセスするようにしましょう。

ブログ開設の時!

認証用URLへ飛ぶと下図のような画面になります。
ブログタイトル入力欄と作成ボタン
ここで、ブログの名前や、ブログのURL、お知らせメールの受信設定ができるようになっています。
基本的に、すべての設定はブログの作成後でも変更が可能です。
ブログの名前やサブドメインの利用の有無、お知らせメールの受け取りを設定し、
ページ中央下の「ブログを作成する」ボタンでブログ作成完了です。

まとめ

Livedoorブログの開設は、難しいことは特にありません。
少しウェブを使ったことがあるという人でも難なくスムーズに開設が可能なので、まずはライブドアブログからスタートしてみるのもよいでしょう。